DVD制作マニュアル
DVDを作ってみよう♪

パソコンが一台あれば、簡単に映像作品が作れる時代です。作った映像作品は、ネット上で公開することもできますが、お金を得ようとするのであれば、ちゃんと業者に頼んでDVD制作をしてもらうのがいいでしょう。パッケージングをすれば、同人ショップ等でも委託販売してもらうことができます。内容によりますが、ときには大ヒットをして人生が変わることもあります。せっかく作った作品なのですから、ぜひとも後々まで形に残るようにDVDにしておくのがベストですよね。映像作家のなかには、こうした個人的な同人活動がきっかけになったという人も多いです。DVDのプレスは、非常に値段が安いです。一枚数百円で済ませられるので、同人誌の印刷ともさほど差はありません。近年ではゲーム作品をDVDに焼いて販売したり、写真集をDVDで出すコスプレイヤーの人もたくさん見受けられます。



DVD制作に関する基礎知識

DVD制作というのは、業者にデータを持ち込んでプレスしてもらうことを指します。データは、文章はもちろん画像ファイルでも動画ファイルでも構いません。どれでもDVD化して、さらにはきちんとパッケージングまでしてもらえます。お店で普通に売っているのと変わらないクオリティで商品化までこぎつけることができるので、利用価値は高いです。同人ゲーム等は、こうした業者を利用して多額の利益を上げているものもあります。DVDは、依頼する数が多ければ多いほど、一枚あたりの単価は下がっていくのが普通です。また、納期が後になればなるほど総費用は減ります。ですから、小分けにして依頼をするよりも、一度に大量にプレスしてもらうようにしましょう。売りたいイベントの数カ月前から用意をしておくと、費用が減らせるので、その分利益も増やすことができます。



DVD制作は専門の業者に依頼すると簡単です

最近は無料のDVD制作ソフトも登場しており、素人でも簡単なDVDを作ることが可能になっています。ただ販売目的でDVD制作を行うのであれば、きちんと専門の業者に依頼して制作してもらうのが最適です。もちろん販売目的ではなく、結婚式のDVDや会社のセミナーのDVDなども制作してくれるので、実際に専門の業者と連絡を取って、詳しい話を進めてください。事前に情報収集を行いたい方は、インターネットで専門業者のホームページにアクセスするとDVD制作についての詳細が掲載されています。料金や納期についてなど基本的な情報はもちろん、用途に応じたプランの使い分けなどのアドバイスも書かれていますので、アドバイスを参考にしながら制作の依頼を行ってください。料金は分割払いも可能になっていますので、まとまったお金が用意できない方は分割払いを利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)