DVD制作マニュアル
DVDを作ってみよう♪

部活のコーチが毎年、卒部する3年生に3年間の今までをまとめたDVDを贈呈します。コーチが言うには、寝る間を削ってDVD制作をしてくれています。自分も、DVD制作までとは言わないが、ムービーを作ったり画像を加工して作ったりすることが好きだから、コーチが夢中になるのがとてもわかります。実際に、去年の3月の卒部式の後に自分が作ったムービーを卒部する先輩方に送ったところ、先輩だけでなく、部員にも絶賛されました。今でもそのムービーを見ると、卒部式のことや、お世話になった先輩方のことをおもい出します。自分達にとって、先輩の存在はとても大きく、忘れられません。ムービーやDVDを作る楽しみは、完成したときの達成感も味わえるとともに、それを残しておくことで、1つの貴重な財産にもなります。これからも、何か行事や心に残る出来事があるなら、ムービーを作成したいです。



運動会のDVD制作はプロにおまかせ

子供の運動会などでは、その一瞬の表情や動きをビデオに収めようと親としては必死に撮影していますよね。この瞬間は今しかないと思うと、絶対映像に残さなければとついつい撮影に夢中になってしまい、なかなか応援に力が入らないということもしばしばです。しかも子供たちの動きが速い上に、こちらも素人なので、撮ったビデオはブレブレでなかなか納得の映像はとることができません。そんなときに知ったプロの存在があります。業者に頼めば、プロが撮影してくれるうえにDVD制作までやってくれるので、自宅に帰って編集作業をする必要もありません。撮ったはいいけど、何年もビデオカメラに保存したままで容量オーバーになってしまうなんてこともなくなります。何より自分は肉眼で見てしっかり応援しながらも、プロが映像を残してくれるのが良いですよね。これで毎年の悩みも解決されそうです。



DVD制作にはしっかりした設備が必要です。

DVD制作にはしっかりした設備が必要です。実際に決めておくことも多く素人でも出来ないことではないですが、しっかりした設備を持った会社に依頼するということは一般的になります。映像の形式も数々あるため、なかなか大変な作業にもなってきます。出来るだけ実績のある会社に依頼することが必要になってきます。いずれにしても、構成などは、しっかり考えて依頼をしないと行けないといえます。そうでないと映像の質は良いけれど内容のないものになってしまうということがあります。そうならないために、用途に応じた内容の検討を行って、しっかりと制作会社に伝える事が重要になってきます。製作会社のホームページにはサンプル的な映像も提示されている場合があるので、そういうものを確認してみるのも方法の一つです。いずれにしてもしっかりとした構成が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)